GET BETTER
coffee&sandwich

渋谷区・初台の不動通り商店街にあるコーヒースタンド『GET BETTER coffee&sandwich』。住宅街かつスーパー前の立地を生かした開放的なお店は、近隣の会社の方や近所に住む方で日々賑わっています。

導入機種:Eversys Cameo C’2m / 導入時期:2020年春
導入経緯:コーヒー豆を仕入れているお店(Single Oさん)からの紹介

オーナーの西元良成さんが常連として通っていたカフェで飲んだコーヒーに感銘を受け、そのおいしさをもっと多くの人に知ってもらえるように、と出店したGET BETTER coffee&sandwich。
飲食店の出店は未経験だった西元さんが、こだわりの一杯を出すためのエスプレッソマシンを「エバシス カメオC’2m」に決めた理由はどこにあったのでしょうか。
オーナー
西元 良成さん

誰でも安定して高得点のコーヒーが淹れられる

はじめに、「エバシス カメオC’2m」を導入されたきっかけを教えてください。

西元:
両国にあるロースタリー「Single O」さんのコーヒー豆の素晴らしさに魅かれ、自分でもその豆を使ったコーヒーを提供したいという思いで、2018年の秋にここを出店しました。

その「Single O」さんのスタッフさんから紹介され、展示会で「エバシス カメオC’2m」に出会ったことがきっかけです。
「Single O」さんの豆と「エバシス カメオC’2m」を使うことありきで出店を決めました。

「エバシス カメオC’2m」のどんなところに惹かれたのでしょう?

西元:
まずは、デザインと小型サイズである、というところです。

デザインに関しては、豆を入れるホッパーが外から見えないところが気に入りましたし、描いていた店舗の内装にもしっくりくる、と思いました。

また、店舗のサイズに合う小さめのサイズというのも良かったですね。

あとはなんと言っても「誰でもおいしく作れる」マシンだと紹介していただいたのが決め手となりました。

事実、本当に誰でもおいしくドリンクが作れるマシンだと実感しています。

実際に「エバシス カメオC’2m」をお使いになってみていかがでしたか?

西元:
ほぼほぼ素人の僕が作っても最初からおいしく作ることができて驚きました。

バリスタは「究極の一杯を狙う」と聞きますが、「エバシス カメオC’2m」は誰が使っても常時高得点の一杯が作れるんです。

誰がお店に立っていてもおいしいドリンクを提供できることは、お客様からしても安心感があって、お店への信頼にもつながりますよね。

“お店を始めたい”という想いを後押ししてくれる一台

お客様の反応や、「エバシス カメオC’2m」導入の効果はいかがでしょうか?

西元:
当店ではUberでもドリンク提供をしているのですが、利用されたお客様がインスタグラムのストーリーで当店のタグをつけて「日本一おいしいカフェラテ」とコメントしてくださっていました。

Uber注文のお客様は、どんなマシンを使いどのように作っているかは見えていないはずなので、純粋にドリンクの味だけでそのように感じていただけたのはとてもうれしかったですね!

味の安定感や、マシンのデザイン以外で気に入っているところはありますか?

西元:
提供時間の短さと、お手入れの簡単さでしょうか。

特にお手入れに関しては、ボタンひとつでマシンの洗浄ができるのは魅力ですね。他のエスプレッソマシンを使っている人に、洗浄に時間がかかると聞いたことがありますが「エバシス カメオC’2m」に関しては店の締め作業をしている間に10分くらいでマシン洗浄が終わるのですごく助かっています。

最後に「エバシス カメオC’2m」を検討中の方に向けてメッセージをお願いいたします。

西元:
コーヒーの知識も浅いし、バリスタの修行もできていない・・・でも、「コーヒーショップやカフェを開きたい」という想いがある方には特にオススメしたいですね。

僕自身は「エバシス カメオC’2m」に出会い、「コーヒーはこのマシンに任せて、他の部分で自分の色を出していこう」と決めたので、オープン準備の際もドリンクのことは心配せず、カフェの内装検討や店舗を作っていく作業に時間をかけることもできました。
オープンしてからも信頼できるマシンがあることで、ドリンクまわり以外のメニュー開発やフード準備にも時間をかけられるため、サンドイッチや焼き菓子などは季節に応じたものを作りお客様にも好評をいただいています。

費用対効果がとても良い一台だと思います!

GET BETTER
coffee&sandwich

instagram

ご使用中の機種

エバシス カメオC’2m
業務用大型フルオートコーヒーマシン

エバシスの導入を ご検討中のお客様