L’ATELIER et Brasserie
ATOM Milano

国内外のトップアスリートやセレブリティが愛用するイタリア・ミラノ発のカジュアル腕時計ブランド「ATOM Milano」の直営ショップ&カフェ。オーガニック、ヘルシーにこだわったメニューが人気です。

導入機種:エバシス カメオC’2m - EARTH  導入時期:2021年3月
導入経緯:オープン時に導入

銀座駅直結の東急プラザ10階にある「L’ATELIER et Brasserie ATOM Milano」。

蕎麦粉のガレットをはじめとしたブラッスリーメニューが楽しめるほか、アスリートやアーティストとの様々なコラボレーションイベントが開催されている場所としても注目されています。

この素敵な空間で「エバシス カメオ C’2m」はどのように活用されているのでしょうか。
今回はこのお店のオーナー・今野敏晃さんにお話を伺いました。
オーナー
今野 敏晃

味も機能も、衝撃を受けた一台です

はじめに、「エバシス カメオC’2m」を導入されたきっかけを教えてください。

今野:
ここを開業するにあたりバリスタを採用しようと考えていたのですが、お店と相性の良いバリスタと出会うことはとてもハードルが高く、それであればマシンを探してみようと思ったのがきっかけです。

私自身イタリアで仕事をしていたときに、現地のバールでデロンギのマシンで淹れたエスプレッソを飲んでいたことを思い出し、マシン導入について問い合わせました。

「エバシス カメオ C’2m」の決め手はどこだったのでしょうか?

今野:
豆の挽き目やフォームミルクの硬さまで細かな設定ができ、どんなときもクオリティにブレがない、というところでしょうか。

人を育てるのは大変ですし、どうしても毎日、毎回、一定のクオリティで提供するのは難しいですが、マシンだとそこが担保できる。これは大きな魅力でしたね。

あとはなんといっても味です。
18歳くらいからイタリアに行きイタリアのバール文化に触れていたので、向こうで味わったものが私にとってのスタンダードになっているのですが、現地で飲んでいたものと同じくらい美味しいドリンクを飲めることに感動しました。

フォームミルクの質は、驚きのレベル!

実際に使ってみていかがですか?

今野:
まず、バリスタではない私が毎回美味しく、同じ味で淹れることができることに驚いています。

そして最近特にマシンの凄さを実感したのは、フォームミルクのレベルの高さです。

私は広告やマーケティングの仕事もしているので、テーブルの上もお皿もひとつの媒体として見立てていて、お皿は盛り付けで工夫できるけどカフェメニューはどうしても殺風景なこともあり、ドリンクでも何かお客様の印象に残るようなことを仕掛けられればと思い、ラテアートプリンターも導入しました。
それに伴い、ラテアートプリントに合うように「エバシス カメオ C’2m」のフォームミルクの質を調整してほしいとデロンギにリクエストしたところ、すぐさま理想の泡の硬さや質感を提案してくれて。

アートがきれいに表現できる上に、口当たりも良い!これには感動しましたね。

実際にラテアートを目にしたお客様の反応はいかがですか?

今野:
実は先日フィギュアスケーターの鍵山優真選手のコラボイベントを開催し、その際は鍵山選手の決めのポーズをラテアートにして提供したのですが、「このラテアート、飲み終わるまで崩れない!」とSNSでちょっとした話題になっていました(笑)

泡が崩れないので、写真を撮っている間はもちろん、実際に飲んでいるときもアートが保てるんですよ。

「エバシス カメオ C’2m」のおかげで、お客様においしさはもちろんのこと、驚きや感動も届けられていると実感しました。

また、イベント開催時には一日に何十組ものお客様へラテを提供していたので、マシンが大活躍でした。こういう時もクオリティの担保ができているのはありがたいなと感じましたね。人の手に頼っていると、こうはいかないと思います。

今回の鍵山選手のイベントを通して、今後もさまざまなコラボイベントを仕掛けられるなという手応えを感じられたのも、このマシンの存在があってこそ。

このポテンシャルを活かして、コラボイベントの他にも、誕生日や記念日などにお客様の記憶に残るようなラテアートを提供していきたいとも考えています。

味の細かな調整は、マシンならでは

マシンの機能で、他にも気に入っているところはありますか?

野:
味の細かな調整が効くところでしょうか。

例えばこれから夏に向けてアイスコーヒーは少し酸味を立たせたい、というリクエストにもすぐ応えてくれる。これも人だとなかなか難しいことですよね。

また、豆の種類を変えたときにその豆の特徴に合わせて味を調整できることも、このマシンの大きなメリットです。

このような調整も人がやるとどうしても時間がかかってしまいますが、マシンだとスピード感を持って取り組めるのが良いですよね。

この店はコラボイベントなどが多く、コラボ用と通常用で豆を分けることもあるのですが、豆ホッパーも2つあるので豆の入れ替えや使い分けが簡単にできる点も良いなと思っています。

最後に、今後「エバシス カメオ C’2m」の導入を考えていらっしゃる方へのメッセージをいただけますか?

今野:
私としてはコスト管理などのマネジメント部分にもぜひ注目してほしいと思っています。

杯数などのデータ管理をマシンが自動的にしてくれるので、私のように様々な事業をしながら飲食店に携わる人にも最適ですし、人件費を考えたらマシンの方がよっぽど当てになるかもしれません。

また、何かしらマシントラブルがあってもマシンからアラートを出してくれるので、メンテナンス面でも安心しています。

もちろんドリンクのクオリティは言わずもがな。イタリアで活躍しているサッカー日本代表の選手がオフによく来店してくれるのですが、イタリアで飲むエスプレッソに負けない美味しさだと太鼓判を押すほどの味ですよ!

L’ATELIER et Brasserie
ATOM Milano

公式サイト

instagram

ご使用中の機種
エバシス カメオC’2m
EARTH - 大地 -

初めてのカフェ展開、すべてのスタッフが迷いなく使えるマシンを

アローロカフェ

デザイン性に一目惚れ!直感でこれをお店に置きたいと思いました

X-cafe
業務用大型フルオートコーヒーマシン

エバシスの導入を
ご検討中のお客様