プレッセ飯田橋デリマーケット
エキュートエディション飯田橋 2F

2021年7月にオープンした、デリカを中心に展開するグローサラント型業態の「プレッセ飯田橋デリマーケット」。デリカの対面販売を中心に、ドリンクや生のクラフトビールなども揃え、時間帯にあった食シーンを提供しています。

導入機種:エバシス カメオC’2m - EARTH  導入時期:2021年7月  導入経緯:開業時に導入

JR東日本 飯田橋駅直結の商業施設「エキュートエディション飯田橋」の2階に位置する「プレッセ飯田橋デリマーケット」。

物販だけではなく、お客さまのお好みでカスタマイズできる「DELI BOX」や、ホットサンドやピザといった出来立てのデリを楽しめる店舗として、オープン以来周辺オフィスで働く方や近隣にお住まいの方などで賑わっています。

イートインスペースもあり、提供するドリンクにもこだわった店舗で「エバシス カメオC’2m」はどのように活用されているのでしょうか。今回は、開業準備に携わられた高沢さん、店舗運営の担当をされている熊木さん、店長の森本さんにお話を伺いました。
株式会社東急ストア
MD企画部MD政策課長 兼
デジタルマーケティング部店舗戦略課長

高沢 昌之 氏
株式会社東急ストア
店舗企画部
店舗企画課長

熊木 祥平 氏
プレッセ飯田橋デリマーケット
店長
森本 望美 さん

味のクオリティとオペレーション、どちらも追究できるマシン

はじめに、「エバシス カメオC’2m」を導入されたきっかけを教えてください。

高沢:
2021年7月に当店をオープンするにあたり、グローサラント型業態に合うマシンを探していました。

この業態は渋谷ストリームに続き2店舗目となりますが、商圏調査からカフェ需要が高いことがわかっていたため、セルフ式ではないコーヒーの提供ができないか検討していました。

今回は立地が2階ということもあり、「店舗まで上がってもらえる」理由付けとして味や質にもこだわり、それを来店きっかけのひとつにしたいと考えていました。

また、今回物販で、猿田彦珈琲さんと弊社でのオリジナルの豆を販売する予定だったので、店舗で提供するコーヒーも猿田彦さんの豆で提供したいと考えており、豆の良さを最大限引き出せるマシンにしたいということが念頭にありました。

さらに、デリカの対面販売をしているお店でドリンクだけセルフというのも違和感があり、レジ業務と並行しながらスタッフが淹れられるマシンを考えていたため、「エバシス カメオC’2m」であれば私たちが求めていた味やサービスの質、オペレーションの簡素化を実現できるのではと思い、導入に至りました。

シフト制の現場でも、安心して任せられる

実際に導入されてみていかがでしょうか?

熊木:
オペレーションがとてもシンプルで、清掃作業もボタンひとつなので毎日の閉店作業に響かなくて良い、という声が現場から上がってきています。

また、シフト制でスタッフを回している現場としては、誰が操作しても同じクオリティのドリンクが出来上がるのは大きいですね。

森本:
取扱説明書もいただいていますが、マシン本体の画面を見るだけで操作できてしまうくらい簡単なので、他に覚えることが多いオープン当初はかなり救われました。

朝やランチ時などでも待たずに購入できるのが良い、というお客さまのお声もいただいていますし、私自身どのスタッフが操作していても安心して任せることができています。

高沢:
味に関しては、オープン前に猿田彦珈琲さんにも打ち合わせに参加していただいたのですが、細かい設定をすることで求めている味が再現でき、フルオートのマシンで高いクオリティが出せることに感心していました。

エバシスブランドアンバサダーの石谷貴之バリスタ(2017年・2019年日本バリスタチャンピオン)にも協力してもらい、弊社・猿田彦珈琲さん・デロンギ社で納得がいくまで味を追究できたのはよかったですね。

空間提供価値を高められるマシン

今後、マシンを使って実現したいことはありますか?

高沢:
まだ開業まもなく、マシンの機能を使いこなせていない部分もあります。店舗と相談しながらにはなりますが、初めての冬を迎えるにあたってメニューのバリエーションを増やしていきたいですね。

また、せっかくデロンギ社とのお付き合いもあるので、石谷バリスタにも協力いただき、ラテアート体験会などのイベントも開いてみたいと考えています。

お客さまはもちろん、働いているスタッフも楽しめるようなことができたらいいですよね。

今後の店舗展開を考えたときにも、候補として検討いただけそうですか?

高沢:
現に当初の予定通りの杯数は販売できていますし、ここで実績を作り今後店舗拡大の計画が持ち上がったときには、検討できればと思っています。

また「スーパーのレストインスペースの空間提供価値を上げる」という意味では、現状セルフ式のマシンを置いている店舗で、キャッシュレス決済式の「エバシス カメオC’2m」への切り替えも検討できるほど、私としてはお客様が来店する目的を作れるマシンだと感じています。

最後に、今後「エバシス カメオC’2m」の導入を考えていらっしゃる方へのメッセージをいただけますか?

高沢:
フルオートで豆の魅力を最大限引き出せて、提供したい味が再現できる。こだわりの豆を使いたい、かつ、オペレーションもシンプルにしたい、という考えの方にはぜひおすすめしたいマシンです。

熊木:
省力化が図れるという意味では、一人二役、三役をこなすような店舗の方に使っていただきたいですね。少人数で回すお店にもおすすめです。

森本:
物を販売するだけでなくドリンクも提供したい、と考えていらっしゃる店舗にすすめたいですね。おいしいものをスピーディーに提供できるのは、このマシンの最大の魅力だと思います。

プレッセ飯田橋デリマーケット
エキュートエディション飯田橋 2F

公式サイト

ご使用中の機種
エバシス カメオC’2m
EARTH - 大地 -

デザイン性に一目惚れ!直感でこれをお店に置きたいと思いました

X-cafe

セミオートマシンでやっていたことがワンタッチで簡単に!

subzero
業務用大型フルオートコーヒーマシン

エバシスの導入を
ご検討中のお客様