base lab. 栄店
with アトリエ木馬

2020年12月に「アトリエ木馬」(株式会社関家具が手がける一枚板専門店)とのコラボカフェとしてオープンした「base lab. 栄店withアトリエ木馬」。スペシャルティコーヒーと、世界の銘木から作られた一枚板や家具を一緒に楽しめるカフェは、幅広い世代のお客さまから親しまれています。

導入機種:Eversys Cameo C’2m - TEMPEST  導入時期:2020年12月  導入経緯:カフェ開業時に導入

全国各地に出店されている「関家具」直営の一枚板専門店「アトリエ木馬名古屋ギャラリー」とコラボレーションした「base lab. 栄店withアトリエ木馬」。空間で一際目を惹く一枚板のカウンターやテーブルで、「Eversys Cameo C’2m」で淹れたドリンクを味わうことができます。
アトリエ木馬名古屋ギャラリー
店長:藤本 竜也さん
base lab. スタッフ
布上 寿佳さん

初心者でも安心な、シンプルな操作性と抽出スピード

はじめに、布上さんが感じる「Eversys Cameo C’2m」の魅力を教えてください。

布上:
実はカフェ業務未経験で入社し、まだそんなに経験も積んでいないのですが、その私でも使いこなせるシンプルな操作性は魅力的です。

マニュアルも非常に理解しやすいですし、このマシンに慣れるまで時間もかかりませんでした。

操作性以外で、気に入っているところはありますか?

布上:
忙しいときでもお客様をお待たせすることなく、スムーズにドリンクを提供できる“マシンの抽出スピード”でしょうか。

もちろんお客様にとっても良いことですし、私自身もお客様を待たせてしまうという不安を感じないので、ストレスなく働いています。

カフェスタッフは基本的にワンオペなのですが、ドリンクはマシンに任せて、その間にデザートを用意できるのも良い部分ですね。

また、細かい部分ではありますが、やることの多いクローズの時間帯もボタンを押すだけでマシンクリーニングができるため、その間に他の締め作業ができるなど、時間をうまく使えるところも気に入っています。

豆に合う味の調整もしてくれるマシンに感動!

味についてはいかがですか?

布上:
使う豆の情報を設定することで、マシンが挽き方や蒸らす時間を調整し、毎回ブレのない味を引き出してくれることには感動を覚えました。

コーヒーは、同じ豆を使っても蒸らし時間が変わるだけで味に変化が出るなど繊細なところがありますが、「Eversys Cameo C’2m」は、一度決めた味を毎回忠実に再現してくれる。これはすごいことだと思います。

藤本:
僕も毎日飲むほど、「Eversys Cameo C’2m」で淹れたコーヒーを気に入っていますし、出張で定期的にくる本社の担当も、毎回コーヒーを楽しみに来ていると言っていました。

一枚板のカウンターやテーブルでコーヒーを楽しみ、帰りにギャラリーも見ていってくださるというお客様が多く、このコラボレーションは社内でも注目されています。
一般的には敷居が高く感じられる一枚板に多くの方が興味を持ってくださるのは、カフェというタッチポイントならではと思います。

マシンのおかげで、ワンオペで回せるように

最後に、今後「Eversys Cameo C’2m」の導入を考えていらっしゃる方へのメッセージを
いただけますか?

布上:
マシンの操作が簡単なため、その分他のことを覚える時間を増やして早くお店に慣れることができました。

まだ経験が浅い私でも店舗をワンオペで回せているのは、「Eversys Cameo C’2m」があってこそだと思います。

base lab. 栄店
with アトリエ木馬

instagram

ご使用中の機種
エバシス カメオC’2m
TEMPEST - 嵐 -
業務用大型フルオートコーヒーマシン

エバシスの導入を ご検討中のお客様