導入事例


FRANK AND HONEST  *654店舗のコーヒーチェーン店(アイルランド)

「エバシスのチームとコーヒーマシンは、いまや私達のブランドの一部です。

 私達はこれからも、あらゆる領域で協働を継続します。」

 Ciaran McNally 事業責任者

ますます競争を激化させるコーヒー分野において、新規参入者であるフランク・アンド・オネストは、ブランドとして最大限のインパクトを演出する必要がありました。「強烈で、独特で、高級感があり、消費者の好みに合わせたコーヒーを提案できるようなブランドでなければならない」 ー フランク・アンド・オネストの事業を指揮する、キアラン・マクネリーはこう語っています。

 

「フランク・アンド・オネストが掲げる全体目標は、外出中の消費者に最高品質のコーヒーを提供し、常に変わらないコーヒー体験を味わってもらうことにあります。どの店舗のどの1杯も同じ品質になるように、豆やコーヒーマシンを揃える必要がありました。私達が求めたのは最高品質のエスプレッソ、商品の質を高めるためのデータ処理能力、そして強固なつながりでした」

 

フランク・アンド・オネストは、中心市街の限られたスペースに多くの店舗を展開しています。そこで、フランク・アンド・オネストのメンバーはエバシスのチームに協力を仰ぎ、店舗で利用するマシンとしてエバシスの「e’4」を採用しました。これは、1時間に350杯のエスプレッソを提供し、わずか56センチのスペースがあれば設置可能なマシンです。混雑時に威力を発揮するe’4の2つの抽出口は、1度に4杯のエスプレッソを淹れることができます。

 

 

「時間ごとの来客数が安定している店舗では、1回の抽出が23秒で終わり、抽出口が1つの「e’2」がベストの選択でしょう。これらのマシンは何よりもまず高度な自動化によって、高速かつスマートに伝統的な品質のコーヒーを提供する技術を確立しています」

 

キアランはこう続ける。「私達が達成したいのは、市場における最高品質のコーヒー体験です。エバシスは、高品質のエスプレッソを確実に提供する能力があることを証明してくれました。チームのメンバーは、ピーク時に多くの顧客に対応する小売店がどんな課題に直面しているのか、正しく理解していました」

 

新規のブランドとして、フランク・アンド・オネストは発足当初から、信頼の置ける安定したサービスを確立しなければなりませんでした。エバシスの強みである「e’Connect」と呼ばれる遠隔計測技術は、すべてのマシンから提供されるデータを追跡し、解析しています。それはつまり、フランク・アンド・オネストのメンバーが、各店舗に設置されたマシンの稼働性や安定性を毎日管理できることを意味しています。

 

エバシスのITチームは、フランク・アンド・オネストのメンバーと二人三脚で、ブランド展開の初期段階から協働しています。

そして、まさしくフランク・アンド・オネストが必要としている通りに、遠隔計測技術が確実に機能するよう開発を進めました。キアランは言う。「エバシスのチームと一緒に仕事をできたことは、素晴らしい体験でした。いかなる物流システムにも引けをとるまいとするエバシスの献身と、迅速なレスポンスには目を見張るものがありました。私達の相互端末モデルを構築する上で、エバシスの貢献は非常に大きな支えとなったのです」

 

 

2016年にフランク・アンド・オネストが創設されて以来、ブランドに対する評価は日に日に高まっています。

キアランはこう語る。「豆からコーヒーマシンにいたるまで、どうしてこれほど高品質のサービスを提供できるのか分からないと、私達の顧客は口を揃えます」そして、口コミによる支持の広がりは、決算にはっきりと反映されています。

 

フランク・アンド・オネストのブランドが創設されてからの12ヶ月間、売上高は目覚ましい伸びを記録しました。こうした成果は最終的に、顧客満足につながるのだと主張しつつ、キアランは最高の賛辞を重ねました。

「エバシスのチームとコーヒーマシンは、今や私達のブランドの一部です。私達はこれからも、あらゆる領域で協働を続けていきます」

FRANK AND HONEST

https://www.frankandhonest.ie/
 

FRANK AND HONESTでご使用中の機種はこちら

エバシス e’4【業務用】